鏡を見ている男性
  • ホーム
  • プロペシアのジェネリックは実際効果ある?

プロペシアのジェネリックは実際効果ある?

鏡を見る男性

男性型脱毛症のAGA、これは治療である程度改善することがわかってきました。
そのために必要なのがフィナステリドが主成分の内服薬。
AGAは健康保険は使えないので薬代は全額自己負担となってしまいます。
AGAの治療は基本的に終了がなく継続が基本、となると気になるのが費用です。
できれば安く抑えたいのが本音でしょう。
そんな方におすすめなのがジェネリック医薬品、病気の治療用しかないと思いきや、実はAGAの治療薬にも存在するのです。

AGAの治療薬として欠かせないのがプロペシア、このジェネリックは結構あります。
有名なのがシプラ社から販売されているのがフィンペシアです。
プロペシアがAGAに有効なのはフィナステリドという成分が含まれているから。
このフィンペシアにも同量が含まれているので同等の効果が期待できると言われています。

同じくシプラ社から出ているものとしてエフペシアがあります。
同じ会社でなぜ2種類のジェネリックがあるかというとキノリンイエローが関係しています。
フィンペシアにはコーティング剤としてこれが使われていますが、日本では発がん性が有無が取り沙汰されていてこの成分の使用は認可されていません。
そのキノリンイエローを除いて作られたのがエフペシアなのです。発がん性が疑われる物質が怖いなら、エフペシアがいいでしょう。
またファイザー社から出ているのがファイザー、サワイからはサワイ、インドのインタス社からはフィナロなどほかの製薬会社からも同じような効果を期待できるジェネリックが販売されており、通販で手軽に購入が可能です。

そもそもジェネリックとは有効成分と同等の量を使っており、同じ効き目・安全性を期待できる医薬品のことです。
違いはそれ以外の形状や色・味・添加物などなので同じような効果が期待できるはずなのです。
そのためプロペシアのジェネリックでは、AGAの治療に欠かせない主成分のフィナステリドが同量含まれてることになり、同じような効果が期待できるわけです。

海外製のプロペシアジェネリックは通販サイトで購入

プロペシアのジェネリックとして知られている薬は複数ありますが、正式に許可を得て製造されているものはファイザーやサワイであり、国内でも認可されているのでクリニックでも処方されることが多いです。
これに対してインドのシプラ社で製造されているフィンペシアやエフペシア、インタス社のフィナロなどは正確に言えばコピー薬で国内では認可されていません。
有効成分はプロペシアと同一で同じ効果が期待できますが、処方するクリニックが少ないので主に通販サイトで購入します。

プロペシアは特許が切れていないため、正式なジェネリックは使用料を払う必要があるのであまり安くありません。
インドでは物質特許を認めていなかった関係で製造方法が異なっていれば有効成分が同じ薬を特許が切れる前でも無許可で合法的に製造できるため、こちらを使った方が費用の負担を抑えられるメリットがあり、取り扱っている通販サイトが多いです。

注意しなければならないポイントとして、本当にシプラ社やインタス社で製造されたものであれば安全性や効果が期待できますが、海外からの個人輸入になるため偽物が送られることがあります。
通販サイトが悪質であったり、仕入れ元が不正をするなどして成分の分からない薬が送られると、効果が出なかったり想定外の副作用が出てしまうことも考えられるので危険です。

対処方法としては、薬の価格で比較せずに信頼性を重視し通販サイトを選びます。
また、国内で認可されていない薬でもクリニックで処方が禁止されているわけではありません。
AGA専門クリニックにはフィンペシアなどを処方しているところもあるため、通販サイトで購入するのが不安な場合はクリニックから購入すると良いです。