鏡を見ている男性
  • ホーム
  • プロペシアの副作用は危険?

プロペシアの副作用は危険?

髪を気にする男性

プロペシアには様々な副作用があり、危険性もあるので服用するときには注意が必要です。
よく知られているものに性欲減退や勃起不全などの男性機能の障害があります。
男性ホルモンに作用する薬であるためこのような症状がありますが、摂取量を守っていれば安全性は高いとする実験結果が出ています。

ただし、個人差があるため適切に使用していてもこの副作用が出ることは否定できないので、異常を感じたら使用を中止した方が良いです。
また、プロペシアの元になった薬は有効成分の含有量が多く、こちらでは前述の副作用の発生率が上昇しているため、過剰摂取すると危険性が高まります。

重大な肝機能障害が起きるとも言われていますが、これはプロペシアだけが起因するものではなく、様々な要因が重なって起きているものです。
肝臓は代謝や解毒などの役割のある臓器であり、薬を飲む、アルコールを摂取する、肥満であるなどの要因で負担がかかり、障害が起きます。
肝臓は自覚症状が出にくいため異常が起きていても気付きにくいので血液検査を行う必要があり、服用を始める前に肝臓の数値を確認し、その後も定期的に血液検査をして異常が起きていないことを確認するのが重要です。

プロペシアを服用すると頭痛の症状が出る場合もありますが、これも治療のときに他の薬も併用していたり、風邪などの別の病気によることもあります。
下痢の症状が出る人もいますが、これはプロペシアの副作用としては記載されていないものであり、こちらも他の要因による可能性があるので確認が必要です。
プロペシアに限った話ではありませんが、体質によってアレルギーが出ることもあるため、過去に他の薬でもアレルギーが出ているのであれば医師に相談した方が安全です。

プロペシアは成人男性に対して処方される薬であることにも注意しなければなりません。
既に成長が終わっている成人であれば影響が抑えられていますが、成長の途上であり体も小さい未成年の場合は性器の発達に障害が出る危険性があります。
また、女性の場合は本人ではなく子供に副作用が出る懸念があるので使用しない方が良いです。

プロペシアは女性が触れるのもいけない

プロペシアの副作用には性欲減退や勃起不全などの男性機能の障害があり、他の要因も関連することがあるものとして肝臓の障害や頭痛、下痢などの症状が出ることもあります。
また、成長の途上である未成年は性器の発達に異常を及ぼす危険性がありますが、女性の場合は子供にも副作用が出る懸念があるため、特に妊婦や授乳中であれば触れることも禁忌です。

プロペシアを服用しなければ問題が起きないように思えますが、有効成分は皮膚からも吸収されるため、女性の体内を通して胎児に影響が出る恐れがあります。
また、実際に異常が起きた報告はありませんが、母乳を通して乳児に成分が吸収される懸念があるため、触れないように注意しなければなりません。

そもそもプロペシアは女性には処方されない薬であるため通常は意識しなくても触れる状況にはなりませんが、パートナーがAGAの治療をしている場合が問題になります。
プロペシアそのものはコーティングされているのでそのままの状態であれば触れても皮膚から吸収されません。
しかし、誰でも触れる場所に放置していると物がぶつかった衝撃で欠けることがあり、断面部はコーティングされていないので何の薬か分からずに散らかっているので片付けようとしたときに触れて吸収される危険性があります。
そのため、薬の適切な管理が必要です。

意識していても保管中に砕けてしまう可能性がないとは言えず、破片が散らばってしまうことも考えられます。
プロペシアを使っていると危険性を完全に取り除くのは難しいです。
そのため、妊娠を希望しているのであればパートナーに薬の管理を徹底させるのではなく、その期間だけプロペシアの使用を我慢してもらうのが最も安全です。