鏡を見ている男性

女性のAGAであるFAGAとは

女性は40代以降に薄毛に悩まされる人が増加しますが、実に10人に1人がFAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。
年齢を重ねて薄毛に悩む男性のほとんどはAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、名前は似ていてもその原因も症状の出方は確実に違うのが特徴です。

まず原因についてAGAは男性ホルモンと体質が大きく関係していますが、一方でFAGAの主な原因は生活習慣の乱れです。
全身の血流を悪くしてしまい、髪の成長を手助けしてくれる栄養が頭皮まで行き渡りにくくなり抜け毛が増えてしまいます。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 運動不足
  • 妊娠、出産に伴う女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 紫外線(暑い季節に帽子や日傘を使わずに外出する)
  • パーマやカラーのし過ぎ(両方を短期間の間に自分で何度も行う)
  • ヘアケアのし過ぎ(洗い過ぎ、洗わなさ過ぎ、ドライヤーの使い過ぎ)

このような生活をしていると髪や頭皮にダメージが重なると抜け毛が増える原因にもなります。
そして症状の出方について、男性は主に頭頂部や前頭部が薄毛になりやすいのはこの部分にAGAの原因になる男性ホルモンを作る材料(酵素)が特に多く存在するためで、AGAを発症しても側頭部や後頭部がフサフサしている人は多いです。
一方で女性は頭頂部が薄くなる人が多い中、どの部位でも薄毛が進行する可能性はあります。
FAGAは別名「びまん性脱毛症」と言われていますが“びまん”とは全体に広がるという意味です。

このように両方とも原因も症状の出方も違いますが、最初は「髪にコシがなくなってきた」と感じる人が多いこと、また放置しておいて自然に改善することはないという点では共通しています。
最終的にAGAはツルツルになるまで、FAGAは頭皮が透けて見えるまでに進行してしまい、ここまでくると治療を受けても発毛まで期待することは難しいため別の対策を考えなければなりません。
できるだけ早く病院で治療を受けることが大切です。

FAGAの治療法と対策法

びまん性脱毛症を引き起こすFAGAは治療を行うことが可能です。
昨今では薄毛に悩む女性が増加傾向にあるため、積極的に治療を行う病院も増えています。
また、女性向けの治療薬も開発され薄毛の改善を効果的に進めていくことが可能です。

治療法としては外用薬の利用が挙げられます。育毛剤のように頭皮に塗布して使用します。
成分は男性用の物と同一ではあるものの、女性用の物は濃度が低めです。
それでも十分な効果が発揮されますので、闇雲に濃度の高い物を使用して副作用のリスクを高めないように注意した方が良いでしょう。
なお、外用薬は病院で処方をしてもらうほか、薬局や通販でも購入することが可能です。

内服薬を用いるのも治療法のひとつです。
男性のAGAの場合も内服薬を用いますが、それとは別の医薬品によって治療を行います。
同一の物は女性の場合、使用が禁忌となっているため、女性向けに開発された専用の物を使うことになります。
毛根に効果的に栄養を届けるという機序を持ち、安全性も高いのが特徴です。
副作用のリスクも低いとされており、個人輸入でも買える薬のために通販を利用して買うケースもあるようです。

FAGAは治療を受ける以外にも、普段からできる対策法もありますので心掛けてみることが大切と言えます。
ホルモンバランスの乱れが原因でもあるため、生活習慣を整えるのが基本であり、睡眠の質の向上や運動などに取り組むのが望ましいです。
紫外線も頭皮にダメージを与え症状を促進しますから、外出する際には帽子や日傘などで頭皮を保護するのもポイントです。
普段の心掛けによって症状の進行も抑えやすくなる上、治療を受けている際にも効果のアップに期待ができるでしょう。