鏡を見ている男性

AGAと生活習慣の因果関係

AGAを発症する根本的な原因といわれているのが、男性ホルモンの乱れです。
しかしその背景には毎日の生活習慣が大きく関係していると言われています。
私たちが日常何気なくおこなっている行動の中で、特にAGAに大きな影響を及ぼすと言われている生活習慣を知り、注意するようにしてください。

私たちが健康に過ごすためには質の良い睡眠をとることがとても重要ですが、睡眠はAGAに大きな影響を及ぼすと言われています。
私たちは自律神経によって身体の様々な機能をコントロールしています。
自律神経には緊張しているときに機能する交感神経と、リラックスしているときに機能する副交感神経があるのですが、睡眠不足だと自律神経のバランスが乱れるため、血流の流れが悪くなり、発毛にも悪影響を及ぼします。

喫煙も発毛に悪影響を及ぼす生活習慣の一つです。
髪の毛が生えるためには毛細血管に十分栄養が供給されることが必要不可欠なのですが、喫煙するとタバコに含まれているニコチンによって、血管が瞬間的に収縮します。
血管が収縮すると血行が悪くなるので髪の毛にコシが無くなって細い髪の毛が生えるリスクが高くなります。

お酒は適度な量であれば気分が高揚し、血行も良くなるのでメリットが多いのですが、過度の飲酒は身体に良くありません。
アルコールは体内で毒素に変化します。
ある程度の量であれば肝臓で分解できますが、一定量を超えると体内に蓄積されます。
するとAGAの原因となる男性ホルモンが増加すると言われています。

ストレスは身体に様々な悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、髪の毛にもストレスは良くありません。
ストレスが溜まると睡眠不足の時と同様に自律神経のバランスが乱れます。
特に交感神経が強く働いて常に緊張している状態になり、血行が悪くなるので健康な髪の毛が生えなくなるのです。

栄養素が偏った食生活も良くありません。
特に脂質が多い食生活を続けると皮脂が多くなっても毛根が詰まりやすくなります。
すると細く弱い髪の毛が発生するだけでなく頭皮の環境悪化にもつながります。
AGAをはじめとした薄毛が気になる人は生活習慣の改善も検討するようにしましょう。

AGAでひどくなる前に生活習慣を見直そう!

AGAの大きな原因は男性ホルモンの乱れなのですが、乱れた生活習慣において症状が進行することがあるため、日頃の生活を見直すことがおすすめです。
十分な睡眠をとることやストレスを溜めない生活を送る、乱れた食生活を改善するといったことは、健康や美容を維持するためにもよく言われていることですが、これが薄毛や抜け毛の改善にも役立ちます。
なぜなら髪が健康に育つためには、頭皮の毛細血管から栄養を届ける必要があるからです。

例えば睡眠不足は自律神経を乱して血流が悪くなり、十分な栄養を届けることができません。
同様にストレスがある生活も自律神経を乱し、血流が悪くなる原因となります。
さらに栄養バランスの悪い食生活、過度なダイエットを行っていると、髪の成長に必要な栄養が届けられませんし、動物性脂肪の多い食事をしていると良い血液が作られず、これも血流を悪くすることにつながります。
その他にも喫煙が血行不良を起こしがちになりますし、適度な飲酒はストレス発散や血流促進効果が得られますが、過度な飲酒をすると毒素が体内に蓄積してしまい男性ホルモンが増加してAGAを進行させることになります。

このように、AGAがひどくならないようにするためには睡眠不足やストレスを解消し、バランスの良い食生活を行うことが大切なのです。
またこれらの生活習慣に加え、適度な運動をすることもおすすめです。
運動不足は血液を送り出す筋肉を弱まってしまうため、血行が悪くなりがちです。
適度な運動をすることで筋肉を鍛えて血行を良くし、さらにはストレスも解消することができます。
症状の進行に悩む前に、髪に影響を及ぼす行動をしていないかどうか、今一度自分の生活習慣を見直してみましょう。